FROM SAEKOPON WITH LOVE
P.19

Nov.19 '17

アートの歌声


 アート・ガーファンクルのコンサートに行ってきた。3年前の来日の時、声が出にくいことで心配したのだが、今年はどうなのであろう?年齢は更に嵩んでいるわけだし。

 開演時間になった。ステージにギタリストとピアニストが出てきて、次に、Back to The Future のドクが出てきた。よく見たら、アートだった。頭がドクになってるやん。

 声は力強かった。優しい、深い、僅かにかすれたアートの声は、心にじわっと染みる。高音は難しいようで、曲にアレンジがされていたりしたが、この暖かい歌声は変わらない。嬉しいなあ。

 アートは曲の合間に英語でしゃべる。通訳はいないので、観客にわかろうがわかるまいが、幼少期の思い出、ポールとストリートミュージシャンをしていた時代のこと、あれこれしゃべっていた。たまに日本語を入れた。これだけはわかってほしいらしい。

 「ウタウコト ガ スキ」

 それに尽きるんだろうな。私は、この声を聴くことが、スキ。

Oct.21 '17

ゴキゲン・タカナカ


 

 10月15日夜、日比谷野外音楽堂の高中正義コンサートに行って来た。野外だというのに、朝からずっと雨!カッパを着てベンチに座る二千名超の観客。私の席は前から15列目の真ん中あたりと、そこはラッキー。でも、雨がつらいわ〜。

 ・・・と思っていたら、高中の音楽のゴキゲンぶりが超絶で、途中で雨のことを忘れた。この人のギターは常夏のイメージなのだが、頭の中に青い空と青い海が広がったよ。マサヨシ、スバラシ。

 二十代の頃からずっと聞いていた高中さんは、今でもメッチャクチャかっこいいのだが、トークがあっけにとられるほどオヤジだった。「雨ですが、皆さんは屋根がないんですよね。や〜ね〜」レベルを連発。Dancing Jamaicaの演奏中に、ギターのコードを振り回す意味がわからなかったら、曲が終わってから本人の解説があった。「ダンシングジャメイカ、断線じゃねーか」・・・ベンチから落ちそうになったよ。

 コンサートが終わってからも、高中の音楽が私の中に満たしてくれた多幸感が続いた。戻りの電車の中で、配られたチラシを出してみたら、12月23日のコンサートで、タイトルが「マサヨシ、この夜」・・・。これ、絶対本人がつけたね。

May.2 '17

三度目のポール


   2013年、2015年、そして2017年と、二年おきにお会いしているのが、御大、ポール・マッカトニー。One on Oneコンサート@東京ドームに行って来た。

 今回もポールは出ずっぱり、歌いっぱなし、演奏しっぱなし。全39曲、二時間半のステージを熱演した。ポール、何度も日本まで来てくれてありがとう。ずっと歌い続けてくれてありがとう。

 身体大事にしてね〜。そこまで頑張んなくてもいいからね〜。時々、バンドの人たちとか映像とかにまかせて、舞台の袖に引っ込んで休んだりしてね〜。私ら、心配になるから。観客も高齢者が多いからトイレ休憩くらいあったほうがいいんだし。

 そんなファンの心配をよそに、ポールは「Sgt.ペッパーズをリリースしてちょうど50年経つよ。おかしいな。僕は52歳なのに」などと言っていた。

聞いたこっちも「ええっ!私があのLPを買ってから50年も経つの?おかしいな。私38歳なのに」などと思っていた。どっちもどっちだ。

 観客の振る無数の青いサイリウムに包まれて、ロック界のレジェンドは「また会いしましょう!」と言った。本当だな、ポール? 

掲示板へ  目次へ P.18へ