FROM SAEKOPON WITH LOVE
P.19

Sept.11 '19

フランキー・ヴァリと4シーズンズ


  チケットを買う時に不安だったのは、フランキー・ヴァリが85歳というヴィンテージ歌手だったから。 でも買った理由は、1960年代のグッドオールドアメリカな音楽が好きだったのに加えて、 このグループの軌跡を描いたミュージカルと映画(ジャージーボーイズ)を見てハマってしまっていたから。

 ヴァリがステージに出て来る歩き方がうつむき気味でトボトボという感じだったので、不安が的中してしまったかと思ったが、 歌い始めたらパワー全開!ハイトーンも裏声も駆使して、往年のヒットを休みなく繰り出す。 Sherry、My Eyes Adored You、Big Girls Don’t’ Cry・・・ヽ(^o^)丿

  背後にブラスを含む大人数のバンド、両脇には四人のコーラス隊が控えていて、 ヴァリの歌を盛り上げる。四人のお兄さん、お揃いの手振りや足踏みがとっても60s。 しかし、センターは常にヴァリ。コンサートを引っ張り、観客を煽る85歳が、客席にマイクを向ける。 え?一緒に歌えと?

 I love you baby~♪  Trust me when I say, ♪ oh, pretty baby・・・ あわわ、続きはなんだっけ?予習してくればよかった。不安なのは私の記憶力の方だった。

 フランキー・ヴァリ来日ありがとう。「最後の来日」とか言わずにまた来てほしいよ。心からそう思うよ。

 

May.01 '19

スマホアシスト日常会話


   今年のGWは御代替わりが入って長いので、海外旅行に出かける方が多いようだ。 外国語での意思疎通にスマホは欠かせないかもしれない。

 友人が引っ越すので、東京を出る前に会おうということになり、四人の女が集合した。 個性が際立ってバランバランの、中高年枠に属する四人、古めの洋楽ロックをBGMにしゃべりが盛り上がる。

 「ねえ。このボーカル死んだよね」
 「え?生きてるんじゃない?」

 テーブルにスマホを出してググって、死んだのは○△であって、△〇ではないことを確認の後、トークは別の方向に進む。

 「あ〜っと、ほらさ、先々天皇を継ぐことになる秋篠宮家の〜、あれ誰だっけ?」
 「あ〜、それはさ、それはさ、ヒロヒトじゃなくてさ、あのさ・・・」

 再びスマホで着地点を見出して、トークが更に進む。気が付くと全員のスマホがテーブル上に出ているのであった。 目に問題があればメガネ、耳に問題があれば補聴器、言語想起に問題があればスマホ?

 ランチを友人のダンナが作ってくれ、とても素敵だったのだが、スマホが目の前にあったにもかかわらず、 カメラ機能があることをすっぱり忘れて全部食べてしまった。最後のへんでやっと思いついて撮ったのはデザートの白いイチゴ。

May.03 '18

お薦め本


 おじいちゃんが本を出した。おじいちゃんと私がネコネットで知り合ったのが2006年頃。 最初から「おじいちゃんと呼んで」と言っていた。ユニークで凝り性の女だった。彼女にはお兄さんがいて、この人が脅威的な画力の持ち主なので、「おじいの力で兄画伯を世に出せ」と言ったら「本人にやる気がないから無理だ」とのことだった。異能の兄妹と思うが・・・、惜しいな。

 干支が一回りもしてから、兄画伯のやる気が出たらしく、twitterで人気が出て、つい先日、この本が書店に並んだ。「俺、つしま」、兄妹の共著だ。

 ネコが可愛い本、ネコ飼いあるあるの本、ネコ本は沢山出ている。この本はそれらを踏まえた上に、細かい仕込みが入っていて、元ネタがわかると読者の心が踊る。昭和の映画ネタが散りばめられているのもそうだが、私が深く頷いたのはこのページ。

 10ページほど前で、子猫連れでノラっていたシズ子が、飼い猫になったという場面。縁側のある開放的な家の中で、シズ子が着せられているワンピース、それって、メス猫の術後服じゃん!更に、室内で遊んでいる子猫達は最初にちらりと出た三匹と模様が一致。シズ子ちゃんの見つけたお家は、ゴハンを出してくれるだけじゃなくて、ネコの「いっさいがっさい」を引き受けてくれる家だったんだね。こういうネタの回収の仕方が、ネコ好きならではの作品で、粋だ。

一部掲載にはおじいちゃんの許可を貰いました

   

Nov.19 '17

アートの歌声


 アート・ガーファンクルのコンサートに行ってきた。3年前の来日の時、声が出にくいことで心配したのだが、今年はどうなのであろう?年齢は更に嵩んでいるわけだし。

 開演時間になった。ステージにギタリストとピアニストが出てきて、次に、Back to The Future のドクが出てきた。よく見たら、アートだった。頭がドクになってるやん。

 声は力強かった。優しい、深い、僅かにかすれたアートの声は、心にじわっと染みる。高音は難しいようで、曲にアレンジがされていたりしたが、この暖かい歌声は変わらない。嬉しいなあ。

 アートは曲の合間に英語でしゃべる。通訳はいないので、観客にわかろうがわかるまいが、幼少期の思い出、ポールとストリートミュージシャンをしていた時代のこと、あれこれしゃべっていた。たまに日本語を入れた。これだけはわかってほしいらしい。

 「ウタウコト ガ スキ」

 それに尽きるんだろうな。私は、この声を聴くことが、スキ。

Oct.21 '17

ゴキゲン・タカナカ


 

 10月15日夜、日比谷野外音楽堂の高中正義コンサートに行って来た。野外だというのに、朝からずっと雨!カッパを着てベンチに座る二千名超の観客。私の席は前から15列目の真ん中あたりと、そこはラッキー。でも、雨がつらいわ〜。

 ・・・と思っていたら、高中の音楽のゴキゲンぶりが超絶で、途中で雨のことを忘れた。この人のギターは常夏のイメージなのだが、頭の中に青い空と青い海が広がったよ。マサヨシ、スバラシ。

 二十代の頃からずっと聞いていた高中さんは、今でもメッチャクチャかっこいいのだが、トークがあっけにとられるほどオヤジだった。「雨ですが、皆さんは屋根がないんですよね。や〜ね〜」レベルを連発。Dancing Jamaicaの演奏中に、ギターのコードを振り回す意味がわからなかったら、曲が終わってから本人の解説があった。「ダンシングジャメイカ、断線じゃねーか」・・・ベンチから落ちそうになったよ。

 コンサートが終わってからも、高中の音楽が私の中に満たしてくれた多幸感が続いた。戻りの電車の中で、配られたチラシを出してみたら、12月23日のコンサートで、タイトルが「マサヨシ、この夜」・・・。これ、絶対本人がつけたね。

May.2 '17

三度目のポール


   2013年、2015年、そして2017年と、二年おきにお会いしているのが、御大、ポール・マッカトニー。One on Oneコンサート@東京ドームに行って来た。

 今回もポールは出ずっぱり、歌いっぱなし、演奏しっぱなし。全39曲、二時間半のステージを熱演した。ポール、何度も日本まで来てくれてありがとう。ずっと歌い続けてくれてありがとう。

 身体大事にしてね〜。そこまで頑張んなくてもいいからね〜。時々、バンドの人たちとか映像とかにまかせて、舞台の袖に引っ込んで休んだりしてね〜。私ら、心配になるから。観客も高齢者が多いからトイレ休憩くらいあったほうがいいんだし。

 そんなファンの心配をよそに、ポールは「Sgt.ペッパーズをリリースしてちょうど50年経つよ。おかしいな。僕は52歳なのに」などと言っていた。

聞いたこっちも「ええっ!私があのLPを買ってから50年も経つの?おかしいな。私38歳なのに」などと思っていた。どっちもどっちだ。

 観客の振る無数の青いサイリウムに包まれて、ロック界のレジェンドは「また会いしましょう!」と言った。本当だな、ポール? 

掲示板へ  目次へ P.18へ